女性

短期で効率良く免許取得

運転免許を取得するなら自動車学校に通学するよりも合宿免許に申し込みをする方が、日程的に効率が良く、早く免許取得までこぎつけることができます。料金は教習にかかる費用の他に宿泊費や食費も含まれており、トータルで比較した場合も通学より安いことが多いです。

教習所

知っておくと良い情報

運転免許をすぐに取得したいと考えている方は免許合宿がお勧めです。教習所の近くに寝泊まりしながら通う事ができ、殆どのスケジュールを学科、技能に当てる事が出来ます。その為、免許合宿は短期間で費用も安くなっているのが魅力です。大型連休は予約が殺到するので、早めに予約するように心掛けておきましょう。

船

予定はしっかり立てます

海でボートを楽しむときに欠かせないのは船舶免許ですが、予定をしっかりと組立てて勉強することが大事です。また試験や講義を行う場所は普段行き慣れない港湾地域である場合も多いので、しっかりと確認しておくと良いでしょう。

ハンドル

新たな法律改正

運転車両の範囲が広がる点や業務の待遇面での優遇もある点から、中型免許の取得にはメリットがあるといえるでしょう。免許制度の改正により、すでに取得している運転免許の種類によっても取得するための費用が異なります。実際には、教習所にもよりますが、10万円以上の費用が必要となります。

初心者マーク

最短で免許取得したいなら

運転免許を取得するための最短ルートとして合宿があります。合宿に参加すれば二週間程度で卒業することができます。短い期間で免許を取得したいのならば合宿がおすすめです。また料金に関しても通学よりも安く設定されているところがほとんどです。

役立つ資格

標識

中型自動車免許

中型免許は車両総重量7.5トン以上11トン未満で最大積載量4.5トン以上、6.5トン未満、乗車定員11人以上、29人未満の車両運転に必要な資格となります。以前は、車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満の車両は普通免許で運転ができましたが、現在では大型自動車、中型自動車、普通自動車と細かく自動車運転免許が分類されました。通常の普通車に該当する免許で運転できる車両は限定的で、一般に2トン車と言われるトラックでもほとんどの車両の運転ができません。2トン車とは最大積載量が2トンですが、車両総重量が普通免許の枠を超過しており、中型免許を取得していない場合、運転ができません。街中で走るトラックのほとんどが中型以上の免許が必要なのです。国内の流通網が発達し、インターネットの普及等も影響して物流が盛んになるとトラックドライバーの需要が高くなりました。中型免許を持つことにより職域が広がります。普通免許を取得して2年経過以上、20歳以上で受験資格が与えられます。車両が大きくなることで作業効率が良くなるので、その分給料も高くなります。中型免許があれば、引っ越しの際も自身でトラック運転が可能です。また、マイクロバスの運転も可能で、保育施設の園児の送迎車、飲食業で予約者の送迎などの仕事もあります。普通免許は持っていて当たり前という時代です。中型免許の取得は、教習所に通えばそれ程難しい資格ではありません。